イギリスとイングランドの違い、和製英語に注意!

スポンサーリンク

イギリス(英国)とイングランド、United Kingdom (UK)・Great Britain (GB)・Englandなど、様々な呼称がありますよね。

サッカーやラグビーなど、スポーツ好きな方はご存じの方も多いかと思いますが、イギリスとイングランドは同じではありません。

また、UKとGreat Britainも異なります。


日本にいると、例えばUKとEnglandの使い分けをそこまで気にする事無く、何となく通じてしまう場面が多いかと思いますが、イギリス現地では割と重要です。

また「イギリス」という呼称自体、和製英語と言えるので、海外では通じません。

イギリスの正式名称

イギリスの正式な国の名称は、「グレートブリテン及び北アイルランド連合王国」で、4つの王国から成立っています。

英語表記では、「United Kingdom of Great Britain and Northern Ireland」です。

4つの王国という形になったのは、1922年に遡ります。


因みにヨーロッパにある、他の連邦制国家だと、ドイツ連邦共和国(16の州)、オーストリア共和国(9つの州)、スペイン(17の自治州)、ベルギー王国(3つの地域、19の基礎自治体と10の州)、スイス連邦(26の州)があります。 


アメリカやロシアも連邦制をとっていますね。

4つの王国

連邦制国家であるイギリスの、4つの王国は以下の通りです。
ここでもう一度、英語表記を確認しておきます。

「United Kingdom of Great Britain and Northern Ireland」

英語日本語対象国
United Kingdom連合王国グレートブリテン
④北アイルランド
Great Britainグレートブリテン①イングランド
②スコットランド
③ウェールズ

United Kingdomは、直訳すると「連合王国・連邦王国」という意味ですが、通常「英国・イギリス」といった意味で使われるかと思います。



Great Britainは、3つの国で成り立っています。


人口や経済規模で比較すると、連合王国の中で、イングランドだけ突出しているのが分かります。




数値はイギリスの国家統計局(ONS)より、執筆時点で参照できる最新のものを使用しています。

イングランド(England)

  • 首都は、ロンドン(London)
  • 面積は、130,373平方キロメートル
  • 人口は、56百万人程度
  • GDPは、1,839,264百万ポンド程度
    (UK全体の85.9%程度)
  • 人口一人当たりGDPは、32,857ポンド程度
  • 聖ジョージ旗


イギリスと言って真っ先に思いつくのが、ロンドンではないでしょうか。

スコットランド(Scotland)

  • 首都は、エディンバラ(Edinburgh)
  • 面積は、78,775平方キロメートル
  • 人口は、5.4百万人程度
  • GDPは、161,295百万ポンド程度
    (UK全体の7.5%程度)
  • 人口一人当たりGDPは、29,660ポンド程度
  • 聖アンドレ旗


エディンバラは新旧市街ともに世界遺産に登録されています。
https://whc.unesco.org/en/list/728/

ロンドンの冬は、東京と同じ位の寒さですが、エディンバラは無茶苦茶寒いので、真冬に行くことは避けた方が良いと思います。

ウェールズ(Wales)

  • 首都は、カーディフ(Cardiff)
  • 面積は、20,767平方キロメートル
  • 人口は、3.1百万人程度
  • GDPは、74,906百万ポンド程度
    (UK全体の3.5%程度)
  • 人口一人当たりGDPは、23,866ポンド程度
  • ア・ドライグ・ゴッホ(赤い竜)の旗


Swansea(スウォンジー)という場所に、DVLA (Driver & Vehicle Licensing Agency = 英国運転免許庁) のセンターがあるので、在英日本人の知名度は抜群です。

今はBRPカード保有者であれば、日本から英国への運転免許証切り替え手続きに際し、日本の運転免許証原本のDVLAへ送付が免除されているようなので、わざわざSwanseaまで行く人も少ないかと思います。

DVLAの管轄地域はグレート・ブリテンなので、イングランド・スコットランド・ウェールズです。

北アイルランド(Northern Ireland)

  • 首都は、ベルファスト(Belfast)
  • 面積は、14,120平方キロメートル
  • 人口は、1.9百万人程度
  • GDPは、48,887百万ポンド程度
    (UK全体の2.3%程度)
  • 人口一人当たりGDPは、25,981ポンド程度
  • 聖パトリック旗


北アイルランドとアイルランド共和国は、現在別々の国で、法定通貨も異なります。紛らわしいのでご注意下さい!

アイルランド共和国といえば、ブレグジット後のロンドンに代わる金融ハブ都市として、ダブリンが元気付いていますね。



補足ですが、北アイルランドの場合、DVA (Driver & Vehicle Agency)が運転免許庁で、地域を管轄しています。

「イギリス」という呼称は日本でしか通用しない

日本国内で使われる「イギリス」という呼び方ですが、イギリス現地では通用しません!

グーグル翻訳してみても、Englandとしか出てこなくて、必ずしも正しいものではありません。



「イギリス」という言葉が和製英語かというと、外国語からきているので微妙なとこかと思いますが、少なくとも英語ではありません。



漢字に変換すると「英吉利」と出てきます。江戸時代、「エゲレス」と称していたのが現在の「イギリス」になったと言われています。

「エゲレス」というのは、当時日本と関係があったポルトガルの言葉”Inglez”、或いはオランダの言葉”Engels”がなまったものという説があります。

まとめ

最後に、もう一度表を記載しておきます。

「United Kingdom of Great Britain and Northern Ireland」

英語日本語対象国
United Kingdom連合王国グレートブリテン
④北アイルランド
Great Britainグレートブリテン①イングランド
②スコットランド
③ウェールズ
  • イングランドは4つある国の1つで、イギリスの一部。
  • 但し「イギリス」という呼称は、日本国内でしか通用しない。


イギリスが4つの国で成り立っているというのは、歴史そのもので、当然それぞれの国の人々にはアイデンティティがあり、アクセント(最早、同じ英語とは言いにくい言語も)があり、同じイギリス内でも地域で特色があり、興味深いものです。





※本文は以上です。
もし記事を気に入っていただけたら、是非、SNS等でシェアいただけたらと思います!

コメント

テキストのコピーはできません。
タイトルとURLをコピーしました