海外ロンドンでコンタクトレンズ、処方箋不要オンラインで簡単に購入。

スポンサーリンク

海外での暮らし、生活必需品であるコンタクトレンズの購入は、どうされていますか。

以前イギリスはロンドンに住んでいた時に、処方箋不要・オンライン(インターネット上)で簡単に1 Day Acuvueを購入した話です。

この記事は、わたしが日本にいた時から使っている1 Day Acuvueの前提ですが、オンライン業者によって勿論様々なメーカーの商品を取り扱っていますよ。


直近、検眼済みの方には、オンラインでのコンタクトレンズ購入が大変おすすめです!
驚くほど簡単です。

イギリスでコンタクトレンズを買う方法

海外生活中に、コンタクトレンズを買う方法ですが、大きく3つのパターンがあると思います。それぞれの特徴と合わせて書いてみます。

日本一時帰国中に

わたしは、海外に住み始めた当初、日本に一時帰国中、毎回コンタクトレンズを購入していました。いきつけのお店があれば、安心ですよね。

  • 全く同じ商品でも、海外より日本で購入した方が安い
  • 店舗に行き視力検査(検眼)、処方箋をもとに、コンタクトレンズを購入
  • 一時帰国中の貴重な時間を割くことになる
  • まとめ買いすると、結構な荷物になり、スーツケースが重くなる

イギリスの店頭で

わたしは結局、イギリスの店頭でコンタクトレンズを購入した事は無かったのですが、流れ的には日本のそれと同じかと思います。

検眼してもらえるのは、何よりのメリットですね。

メジャーどこであれば、 SpecsaversBootsVision Expressあたりでしょうか。 街中を歩いていると、何度と見かけると思います。

なお条件を満たす人であれば、NHSで無料検眼やVoucher(割引クーポン)を貰えますよ!

イギリスのオンラインで

定期的に日本一時帰国する予定が無い方や、店頭になかなか行く時間が取れない方で、直近検眼済みでリピート買いの方に、おすすめできる方法がオンライン(インターネット)購入です。

とにかく手間暇かからず、驚くほど簡単です。処方箋も不要です。


後程詳しく説明しますが、オンラインでコンタクトレンズを購入するのであれば、既にお使いのコンタクトレンズがある方が前提です。

リピート買い以外で、新しいメーカーのコンタクトレンズを購入する等であれば、店頭にいかれる事をおすすめします。

実際にオンラインで購入

“order contact lenses online london”等で検索すると、無数にサイトが出てくると思います。

わたしは複数のイギリス人同僚から話を聞き、ビジョン・ダイレクトhttps://www.visiondirect.co.uk/) を試してみて、全く不満が無かった為、以後ビジョン・ダイレクトで、コンタクトレンズをリピート買いするようになりました。

ビジョン・ダイレクトは総額49ポンド以上であれば、イギリス国内は送料無料です。
https://www.visiondirect.co.uk/delivery-information

またEU圏内、アメリカなど世界各地に発送も対応しています。

EU圏内であれば、総額49ポンド以上であれば送料4.98ポンド。総額49ポンド未満であれば送料7.98ポンドかかります。

イギリスのEU離脱(ブレグジット)で移行期間後の取扱いが、どうなるか不明ですが、少なくとも2020年末までは、EU圏内であれば税関手続き等はありません。

一般的なネット通販同様、名前、住所、クレジット/ダイレクトデビッドカード情報等を入力して、アカウントを作成します。

その後、コンタクトレンズのメーカーと、両目それぞれレンズの詳細情報を選択して注文します。

通常、コンタクトレンズが入っている箱に、レンズの詳細情報が掲載されているかと思います。

念のため、ビジョン・ダイレクトと、Acuvueの表記例、参考日本語訳を掲載しておきます。

英語表記(Acuvueの表記)参考日本語訳
Left Eye / Right Eye左目 / 右目
Base Curve (BC)レンズ内面のカーブ
Diameter (DIA)レンズの直径
Power (D)レンズの度数(頂点屈折力)

注文を確定してから、2-3営業日くらいで届きました。二回目以降は、履歴から簡単に再注文できますよ。

箱の中に、衝撃吸収材として、グミのお菓子ハリボーが入っています。洒落ていますよね。

注意点

処方箋不要オンライン(インターネット)で簡単にコンタクトレンズを購入できてしまうのですが、注意点があります。商品が届かないとか、注文したのと違う商品が届いたとかではなくて、あなたの目に関してです。

言わずもがな、視力補正用コンタクトレンズは日本国内において、 「医薬品、医療機器等の品質、有効性及び安全性の確保等に関する法律」 (旧薬事法(昭和35年法律第145号))に基づき高度管理医療機器として規制され、安全性、品質の管理が行われています。


視力が変わらなければ、同じ度数のコンタクトレンズを使用できると思われるかもしれませんが、厳密には以下の3つの数値で、レンズの基準が異なります。

  • BC(レンズの内面のカーブ)
  • DIA(レンズの直径)
  • D(レンズの度数)

あなたの視力以外に、レンズのBCDIADこれら3つの数値が異なると、装着時のフィット感や見え方に違いが生じたり、目の疲労感が増す可能性が出てきます。

BCDIADは視力と違って、感覚的に自分で分かるものでは無いので、適宜検眼を受け、最新の数値を把握しておきましょう。

最後に

ロンドンでコンタクトレンズ、処方箋不要オンラインで簡単に購入、まさにその通りですが、検眼しない為、あくまでも自己責任です。

イギリスの場合、NHS(National Health Services)と呼ばれる国営医療サービスでは、少なくとも2年に一度の検眼をすすめています。

How often should I have an eye test?

The NHS recommends that you should get your eyes tested every 2 years (more often if advised by your ophthalmic practitioner or optometrist).

引用元リンク: https://www.nhs.uk/live-well/healthy-body/look-after-your-eyes/


わたしは渡英して最初の数年間、なかなか勇気が出なくて、海外でコンタクトレンズ購入に踏み切れなかったのですが、一度オンライン購入を試してみたら、拍子抜けする程簡単で、数日で手元に商品が届いたので、以後オンライン購入を続けています。



日本一時帰国で、かさばるコンタクトレンズの箱からも解放されたので、現地オンライン購入は本当におすすめです!





※本文は以上です。
もし記事を気に入っていただけたら、是非、SNS等でシェアいただけたらと思います!

記事一覧は、サイトマップから確認できます。

コメント

テキストのコピーはできません。
タイトルとURLをコピーしました