ガス欠で止まると罰せられる、ドイツの自動車高速道路アウトバーン

速度無制限区間があるドイツのアウトバーン(高速道路)は、世界中の車好きから羨望を集め、さぞかし自動車天国かと思いきや、日本人が無意識に犯しやすい法律違反がいくつかあり、運転する際は注意が必要です。


本記事では、アウトバーンをはじめドイツで車を運転する際、日本人であれば特に気を付けたい3つのポイントについて、在独者である筆者がまとめてみました。

ガス欠が理由で止まると法律違反に

ドイツのアウトバーンで運転手の体調不良や車の故障等により、やむを得ず止まる事は法律違反ではありませんが、ガス欠が理由の場合、ドイツの道路交通規則(Straßenverkehrs-Ordnung = StVO)違反となります。

厳密には、ガス欠になる事が禁じられている訳では無く、そもそもアウトバーンで停車する事が禁止されているからです。

ドイツの道路交通規則で、まず停車(Halten駐車(Parkenの違いを確認してみます。

Allgemeine Verwaltungsvorschrift zur Straßenverkehrs-Ordnung (VwV-StVO)

§ 12
(1) Halten ist eine gewollte Fahrtunterbrechung, die nicht durch die Verkehrslage oder eine Anordnung veranlaßt ist.

引用元リンク:http://www.verwaltungsvorschriften-im-internet.de/bsvwvbund_26012001_S3236420014.htm

停車(Haltenは、交通状況や指図によるもので無く、意図的に車両等が一時的に停止する事を指します。言い換えると、運転手が車両等に留まり、3分を超えずに停止している状態です。

Straßenverkehrs-Ordnung (StVO)

§ 12 Halten und Parken
(2) Wer sein Fahrzeug verlässt oder länger als drei Minuten hält, der parkt.

引用元リンク:https://www.gesetze-im-internet.de/stvo_2013/BJNR036710013.html#BJNR036710013BJNG000100000

駐車(Parkenは、運転手が車両等から離れている、或いは3分を超えて停車(Halten)している状態を指します。

重要なのは、停車・駐車どちらも意図的である点です。

例えばガス欠により、エンジンが止まってしまう状態ですが(意図的とは言えない為)、ドイツの道路交通規則上は停車・駐車どちらにも該当しません。

つまりアウトバーン(含む路肩)で正当な理由なく止まっている事になり、道路交通規則(StVO)第18条8項に違反となります。加えて、同規則第1条2項の善管注意義務違反等に問われる可能性もあります。

Straßenverkehrs-Ordnung (StVO)

§ 1 Grundregeln
(2) Wer am Verkehr teilnimmt hat sich so zu verhalten, dass kein Anderer geschädigt, gefährdet oder mehr, als nach den Umständen unvermeidbar, behindert oder belästigt wird.

§ 18 Autobahnen und Kraftfahrstraßen
(8) Halten, auch auf Seitenstreifen, ist verboten.

引用元リンク:https://www.gesetze-im-internet.de/stvo_2013/BJNR036710013.html#BJNR036710013BJNG000100000


なぜ運転手の体調不良や車の故障が許されて、ガス欠で止まる事が許されないかというと、それが運転手の過失で人為的なミスとして本来避けらたからです。


アウトバーンで正当な理由無く止まり、違反チケットが切られると、2020年現在30-105ユーロの罰金に加え、駐車している状態(つまり3分を超えて停車)だと1ポイントの減点です。

加えて他の運転手及び車両を危険に晒したり、事故を引き起こすと、罰金とポイントが加算されます。

最高時速は∞、最低時速は60km

ドイツのアウトバーンは最高速度無制限の区間があるという事実に注目されがちですが、実は最低速度が通行する車両に課せられています。

速度標識により別途定めが無い限り、アウトバーンでの最低時速は60kmです。

Straßenverkehrs-Ordnung (StVO)

§ 18 Autobahnen und Kraftfahrstraßen
(1) Autobahnen (Zeichen 330.1) und Kraftfahrstraßen (Zeichen 331.1) dürfen nur mit Kraftfahrzeugen benutzt werden, deren durch die Bauart bestimmte Höchstgeschwindigkeit mehr als 60 km/h beträgt;

引用元リンク:https://www.gesetze-im-internet.de/stvo_2013/BJNR036710013.html#BJNR036710013BJNG000100000


最低速度を守らずに走行して違反チケットが切られると、20ユーロの罰金です。

マスクを着用して運転はNG

アウトバーンに限らず、ドイツではマスクを着用して車を運転する事はNGです。

現在コロナ禍により、公共の場及び交通機関ではマスク着用が義務化されている一方(厳密には16ある州ごとに、詳細ルールが異なる)で、プライベートの車内では例え異なる世帯が同乗していても、運転手にマスク着用義務はありません。

Straßenverkehrs-Ordnung (StVO)

§ 23 Sonstige Pflichten von Fahrzeugführenden
(4) Wer ein Kraftfahrzeug führt, darf sein Gesicht nicht so verhüllen oder verdecken, dass er nicht mehr erkennbar ist. Dies gilt nicht in Fällen des § 21a Absatz 2 Satz 1.

引用元リンク:https://www.gesetze-im-internet.de/stvo_2013/BJNR036710013.html#BJNR036710013BJNG000100000



ドイツの道路交通規則第23条4項によると、名指しでマスクが禁止されている訳ではなく、運転者の顔が認識できない状態で、車を運転する事が違法となっています。

ブルカ(Burqa)、二カーブ(Niqab)など宗教的な理由であっても、顔全体を覆うものはアウトです。

自家製マスクに関しては、サイズ感にもよりますが意図的に顔を隠しているとみなされるリスクが高まるのでご注意下さい。一般的に販売されているマスクは、自家製マスクより誤解される(顔を隠す)リスクは低くなりますが、それでもグレーです。


加えて眼鏡やサングラスをかけている場合、マスク着用によりレンズが曇ると視界や安全に悪影響を及ぼす可能性(善管注意義務違反)があるので、よろしくありません。


2020年12月1日にドイツ自動車連盟(Allgemeiner Deutscher Automobil-Club = ADAC)の所属弁護士が、以下の要旨で記事を投稿しています。

  • プライベートの車内は義務では無いが、マスク着用が好ましい
  • マスク着用で顔の認識ができないと、罰金のリスク
  • 眼鏡着用者はレンズが曇る事により、視界や安全面に要注意



一方で、サングラスとマスク、サンバイザーとマスク、サングラスとサンバイザーとマスク等の組合せは、顔が認識されないリスクが高まるので、やはり運転中はマスクを着用すべきではないと指摘する意見も散見し、ドイツ国内でも意見が割れています。

難しいのが、例えば陽射しが主な原因で事故が起きた場合、サングラスやサンバイザーを使用していないと、運転手の過失割合が高くなるリスクがある点です。


少し話が逸れてしまいましたが、以上よりまとめると運転中のマスク着用は避けた方が賢明と言えます。


運転中に顔が認識できない状態で走行して違反チケットが切られると、60ユーロの罰金です。

まとめ

アウトバーンをはじめ、ドイツで車を運転する際に日本人が無意識に犯しやすい道路交通規則(StVO)違反について、特に気を付けたい3つのポイントに関する記事でした。

  • アウトバーンでは、正当な理由無く(ガス欠等)止まると法律違反に(StVO第18条8項違反)
  • アウトバーンでの最低時速は60km(StVO第18条1項違反)
  • アウトバーン含め、ドイツでは運転者の顔が認識できない状態(マスク等)で、車を運転すると違法(StVO第23条4項違反)


ドイツに引越しをするまで、なぜこのような交通規則があるのかと思いましたが、現地に住み実際アウトバーンを走った経験から言えることは、何れも安全面を鑑みると至極当然のこと。

走りやすい高速道路なのは確かで、速度制限が無制限の区間がある分、ガス欠で止まる事、低速走行、視界が遮られる可能性があるマスクの着用(眼鏡やサングラスを使用している場合)は極めて危険です。


あなた自身、そして周囲を事故に巻き込まない為にも、ドイツの道路交通規則を守り安全に運転をしましょう。

今後、ドイツで車を運転する予定がある人の参考になれば幸いです!


最後に、ドイツで運転をする際に知っておいた方が良い単語です。

ドイツ語日本語
Ausfahrt出口
Nebel
Rettungsgasse緊急車両レーン*
Stau渋滞
Tankstelle給油所
Unfall事故


緊急車両レーン*は、恒久的なレーンがある訳では無く、渋滞等で混雑時に幅寄せをして緊急車両が通れるようにスペースを確保する事を指します。


違反金や減点ポイントについては、ドイツ語ですがBußgeldkatalogのサイトで確認できます。





※本文は以上です。
もし記事を気に入っていただけたら、是非、SNS等でシェアいただけたらと思います!

記事一覧は、サイトマップから確認できます。

テキストのコピーはできません。
タイトルとURLをコピーしました