ヨーロッパ旅行。予約完了後に、ホテルから一方的な通知が。

スポンサーリンク

Booking.com経由でホテルの予約を完了後、宿泊予定のホテルから一方的な通知が来て、内容に納得が行かなかったので応戦した記録です。

普段わたしはあまり怒ることがありません。サービスや商品が気に入らなければ、文句を言わずに無言で以後使わなければ良いだけなのと、怒る事で消費するであろう体力と時間が、本当に無駄と考えるからです。

しかし、今回は旅程を結構細かく組み、他に選択肢が無い状況だったので、徹底抗戦しました。

因みに、わたしと家族は、Booking.comの関係者ではありません。

宿泊予定先からの一方的な通知内容

Booking.comで予約完了しましたメールを受信した翌日に、以下メールが届きました。

Hotel ●から新着メッセージです

●のメッセージ:
Good afternoon

Thanks a lot for your reservation.

Sorry, this room is too small for you.
Pls cancel your reservation.

We can give you a family room, ● per night /
for the room.

If you would like to book that room, please send us an email.

Kind regards

チャイルドポリシーを読んだ上で、このホテルを選んだのですが、わたしが予約した部屋は小さいから、家族全員では使えない。キャンセルするか、当初予約した部屋より広くて宿泊料金が高い部屋にしてくれ、という内容でした。

ホテルに交渉するも、不毛な議論に

この事案は、出発日まで相応に時間があったのですが、 旅程を結構細かく組み、予約をキャンセルして他のホテルに替えるという選択肢が無い状況だったので、徹底抗戦しました。

チャイルドポリシーに関して、ホテル側とわたしの間で認識の相違があったので、ひとまず該当ページのスクリーンショットを保存しました。

ホテル側には、メールでチャイルドポリシーを読む限り、わたしの予約は全く問題ない筈、寝るだけだし広さは求めていない、という主張をしました。

しかし何度かやりとりをしましたが埒があきません。

Booking.comが介入

ホテル側が指示したのか、Booking.comのカスタマーサービスチームの方が、わたしに連絡をしてきました。

対応してくれたBooking.comのカスタマーサービス担当者は、わたしの主張が間違っている、チャイルドポリシーのページを、しっかり見てくれとリンクが送られてきました。

どうやら、ホテルがチャイルドポリシーの情報を更新したようです。
本当にしょうもない事をするホテルです、どうせばれるのに。

わたしは、該当ページが更新される前の、スクリーンショットをカスタマーサービス担当者に送った上で、全て旅程を組んでしまって、予約したホテル以外に行く選択肢が無く、わたしの希望は当初予約した通りの部屋に、合意済みの宿泊料金で、滞在する事だと伝えました。

すると、Booking.comのカスタマーサービス担当者から、予約したホテルに直で交渉・説得してみるとの回答をもらえました。

交渉の結果

さすがにBooking.comという巨大企業を前に、予約したホテル側は、Booking.comサイト上のページ更新(というか、情報改ざんですよね!)を即認め、元々わたしが予約した通りの部屋で、当日チェックインできる事になりました。

そしていざ当日チェックインすると、なんと最上階の一番広い部屋に、無料でアップグレードという嬉しいサプライズもありました。

ちょっとやり過ぎたかなと思ったのも束の間、なんとエレベーターが無いホテルという落ちでした。ヨーロッパだと場所によっては、エレベーターが無いのは、わりと普通なんです。

ありがた迷惑~

まとめ

大手旅行サイトであるBooking.comを経由してホテル予約をしたおかげで、平行線だったホテル側との交渉がスムーズになった点は本当に助かりました

恐らく個人で交渉を続けていたら、相手の言いなりになるしか選択肢が無かったのではないかと思います。ホテルの立地的に、相手もわたしに選択肢があまり無い事を理解している筈なので。

Booking.com歴でいうと15年超、宿泊した累計日数は三桁に到達していますが、Booking.comで生じたトラブルは本件が最初で最後です。

よく、予約した筈なのに予約が取れていなかったとか、予約をキャンセルしたけど費用を引き落としされたという書き込みを見かけるのですが、そういった事は少なくともわたしは経験した事がありません。




※本文は以上です。
もし記事を気に入っていただけたら、是非、SNS等でシェアいただけたらと思います!

コメント

テキストのコピーはできません。
タイトルとURLをコピーしました