トランスファーワイズ、誰も教えてくれない手数料の落し穴&使い方のコツ

スポンサーリンク

トランスファーワイズ(TransferWise)公式の説明によると、送金額が増えるほど、手数料が高くなるとあります。


確かに実額でみるとその通りですが、手数料率仲値からの差で見ると、一定の金額までは送金額が増えた方が、実質的な為替手数料が安くなります。


トランスファーワイズ公式の手数料計算ツールがあり、誰でも簡単に確認できますが、実は方程式を解く必要があり、その数式は若干複雑です。


本記事では知らないと損するかもな、公式サイトより数歩踏み込んだトランスファーワイズの手数料計算式、使い方のコツ等を説明したいと思います。


前提条件としてマルチカレンシー(ボーダレス)口座を保有しておらず、トランスファーワイズへの入金方法は最も安価な方法とします。

結論、使い方のコツ

トランスファーワイズを使うにあたり、本記事でお伝えしたい要点です。

  • 固定費があるので、少額の海外送金は避けるべき
  • SWIFT扱いにならない程度の送金額(100万円以下)が、最も高いコストパフォーマンス
  • 為替手数料は実額だけでなく、手数料率仲値からの差で判断
  • 円安になるほど、仲値との差が拡大。つまり為替に対して実質的な手数料増
  • 競合他社とではなく、トランスファーワイズ自身のコストと比較


では具体的に、手数料計算式、送金額に応じた手数料の実額と料率等を示した表で、補足説明したいと思います。

手数料計算式を徹底解説

トランスファーワイズの手数料体系は確かに透明性が高く、送金前に手数料がいくらか、受取手はいくらの金額を得るか、非常に明確です。

公式サイトでもAppでも、簡単に手数料を確認できるので本当に便利ですよね。



シンプルに変わりないのですが、手数料の計算式は方程式を解く必要があり、若干複雑です。

まず基本となる、数式を確認したいと思います。

トランスファーワイズの手数料は、固定費と変動費からなります。それぞれ通貨ペア、円貨を売るのか買うのか(外貨を買うのか売るのか)、により異なります。

当初執筆時点の情報ですが、以下の通り表にしてみました。

通貨ペア固定費変動費(%)
EURJPY2.250.60
GBPJPY1.800.56
USDJPY8.420.64
JPYEUR600.63
JPYGBP630.63
JPYUSD1320.63

外貨→円貨(円転)が上3つの、EURJPY、GBPJPY、USDJPY。
円貨→外貨(外貨転)が下3つの、JPYEUR、JPYGBP、JPYUSD。

手数料(B) = 固定費 + 変動費(%)
      ※変動費(%)は、実際の送金額(C)に対して

実際の送金額(C) = (本来の送金額(A) – 固定費) / (1 + 変動費(%))


数値を入れて、計算してみます。1,000ユーロ(A)を、円にして送金する場合です。
端数は四捨五入しています。

Step 1
まずは、実際の送金額(C)を求めます。
= (本来の送金額(A) – 固定費) / (1 + 変動費(%))
= (1,000 – 2.25) / (1 + 0.6%)
= 997.75 / 1.006
= 991.80

Step 2
次に、手数料(B)を求めます。
= 固定費 + 変動費(%) * 実際の送金額(C)
= 2.25 + 0.6% * 991.80
= 8.20

実は本来の送金額(A)と、実際の送金額(C)との差額が、手数料(B)です。
= 本来の送金額(A) – 実際の送金額(C)
= 1,000.00 – 991.80
= 8.20

やや複雑なのが、変動費(%)を本来の送金額(A)では無くて、実際の送金額(C)と乗じている点です。

通貨別の固定費と変動費(%)の数値は、トランスファーワイズの公式で確認できますが、上記実際の送金額(C)の式はどこにも載っていません。

実際の送金額(C)は、以下のように求めました。
実際の送金額(C) = 本来の送金額(A) – 固定費 – 変動費(%) * 実際の送金額(C)
実際の送金額(C) + 変動費(%) * 実際の送金額(C) = 本来の送金額(A) – 固定費
実際の送金額(C) * (1 + 変動費(%)) = 本来の送金額(A) – 固定費
実際の送金額(C) = (本来の送金額(A) – 固定費) / (1 + 変動費(%))


そして手数料(B)は、為替水準に関わらず、本来の送金額(A)によって常に同じ解となります(トランスファーワイズが、固定費・変動費(%)を変更しない限り)。

つまり実際の送金額(C)は、本来の送金額(A)と常に対になっています。この点を踏まえて、次の外貨送金&手数料マトリクスをご覧下さい。

外貨送金&手数料マトリクス

今までの記事で、トランスファーワイズがどのように手数料を計算するか理解できたかと思います。

続いて、外貨送金&手数料マトリクスをみてみます。

AからCの数値は、為替水準に関わらず常に一定です。
D以降の数値は、為替の影響を受けます。


外貨→円貨(円転)

【EURからJPY】で、【仲値125.00(FX)】と仮定した場合です。

本来の送金額
A
手数料
B
手数料率%
B / A
実際の送金額
C = A – B
円貨受取額
D = C * FX
実質為替
E = D / A
仲値との差
F = FX – E
円換算手数料
FX * B
100-2.83-2.8397.1712,146121.46-3.54-354
500-5.22-1.04494.7861,848123.70-1.30-652
1,000-8.20-0.82991.80123,975123.97-1.03-1,025
3,000-20.13-0.672,979.87372,484124.16-0.84-2,516
5,000-32.06-0.644,967.94620,993124.20-0.80-4,007
7,000-43.99-0.636,956.01869,502124.21-0.79-5,498
10,000-61.88-0.629,938.121,242,265124.23-0.77-7,735


【GBPからJPY】で、【仲値138.00(FX)】と仮定した場合です。

本来の送金額
A
手数料
B
手数料率%
B / A
実際の送金額
C = A – B
円貨受取額
D = C * FX
実質為替
E = D / A
仲値との差
F = FX – E
円換算手数料
FX * B
100-2.35-2.3597.6513,476134.76-3.24-324
500-4.57-0.91495.4368,369136.74-1.26-631
1,000-7.36-0.74992.64136,984136.98-1.02-1,016
3,000-18.5-0.622,981.50411,447137.15-0.85-2,553
5,000-29.63-0.594,970.37685,911137.18-0.82-4,089
7,000-40.77-0.586,959.23960,374137.20-0.80-5,626
10,000-57.48-0.579,942.521,372,068137.21-0.79-7,932


【USDからJPY】で、【仲値105.00(FX)】と仮定した場合です。

本来の送金額
A
手数料
B
手数料率%
B / A
実際の送金額
C = A – B
円貨受取額
D = C * FX
実質為替
E = D / A
仲値との差
F = FX – E
円換算手数料
FX * B
100-9.00-9.0091.009,55595.55-9.45-945
500-11.55-2.31488.4551,288102.58-2.42-1,212
1,000-14.73-1.47985.27103.454103.45-1.55-1,546
3,000-27.44-0.912,972.56312,118104.04-0.96-2,882
5,000-40.16-0.804,959.84520,783104.16-0.84-4,217
7,000-52.88-0.766,947.12729,447104.21-0.79-5,553
10,000-71.96-0.729,928.041,042,444104.24-0.76-7,556

円貨→外貨(外貨転)

日本国内から海外送金は2020年4月から、一段と手数料が安くなりました。


【JPYからEUR】で、【仲値125.00(FX)】と仮定した場合です。

本来の送金額
A
手数料
B
手数料率%
B / A
実際の送金額
C = A – B
貨受取額
D = C / FX
実質為替
E = A / D
仲値との差
F = FX – E
外貨換算手数料
B / FX
10,000-122-1.229,87879.02126.55-1.55-0.98
50,000-373-0.7549,627397.02125.94-0.94-2.98
100,000-686-0.6999,314794.51125.86-0.86-5.49
300,000-1,938-0.65298,0622,384.50125.81-0.81-15.50
500,000-3,190-0.64496,8103,974.48125.80-0.80-25.52
700,000-4,442-0.63695,5585,564.46125.80-0.80-35.54
1,000,000-6,320-0.63993,6807,949.44125.80-0.80-50.56


【JPYからGBP】で、【仲値138.00(FX)】と仮定した場合です。

本来の送金額
A
手数料
B
手数料率%
B / A
実際の送金額
C = A – B
外貨受取額
D = C / FX
実質為替
E = A / D
仲値との差
F = FX – E
外換算手数料
B / FX
10,000-125-1.259,87571.5139.75-1.75-0.91
50,000-376-0.7549,624359.60139.04-1.04-2.72
100,000-689-0.6999,311719.65138.96-0.96-4.99
300,000-1,941-0.65298,0592,159.85138.90-0.90-14.06
500,000-3,193-0.64496,8073,600.05138.89-0.89-23.14
700,000-4,445-0.63695,5555,040.25138.88-0.88-32.21
1,000,000-6,323-0.63993,6777,200.56138.88-0.88-45.82


【JPYからUSD】で、【仲値105.00(FX)】と仮定した場合です。

本来の送金額
A
手数料
B
手数料率%
B / A
実際の送金額
C = A – B
外貨受取額
D = C / FX
実質為替
E = A / D
仲値との差
F = FX – E
外貨換算手数料
B / FX
10,000-194-1.949,80693.39107.07-2.07-1.85
50,000-444-0.8949,556471.96105.94-0.94-4.23
100,000-757-0.7699,243945.17105.80-0.80-7.21
300,000-2,009-0.67297,9912,838.01105.71-0.71-19.14
500,000-3,261-0.65496,7394,730.84105.69-0.69-31.06
700,000-4,514-0.64695,4866,623.68105.68-0.68-42.99
1,000,000-6,392-0.64993,6089,462.94105.68-0.68-60.87

マトリクスが意味するもの

本記事ではEUR、GBP、USDを取り上げていますが、EURに注目して述べたいと思います。

適宜、新規タブを立ち上げる等、上記マトリクスを見ながらご確認下さい。

外貨→円貨(円転)は、まず固定費が高いですね。
円貨→外貨(外貨転)は、逆に固定費がかなり安い一方、変動費が高く設定されています。

結果、外貨→円貨(円転)は少額の送金程、手数料率が高くなります。しかし変動費が安い分、一定の送金額に達すると、円貨→外貨(外貨転)より手数料率が安くなります。

総額1,000ユーロを、円転する場合を見てみます。

送金額手数料送金回数通算手数料
100-2.810-28.0
500-5.22-10.4
1,000-8.21-8.2

こうやって比較すると、同じ1,000ユーロの送金でも、送金額と送金回数の組合せで、通算手数料が全然違う事が明白です。


また円貨→外貨(外貨転)のJPYEURは、手数料率が-0.63%に収斂する(100万円までの送金額の場合)一方、外貨→円貨(円転)のEURJPYは、-0.62%という数値を出しています。

仲値との差(F)で比較した方が、わたしも含めて日本人の場合、馴染みがあると思います。円貨→外貨(外貨転)は、マトリクスで最大-0.80ですが、外貨→円貨(円転)は、-0.80より低い数値になっています。



AからCの数値は、為替水準に関わらず常に一定です。
D以降の数値は、為替の影響を受けます。

という説明をしました、これは円安になるほど、仲値との差(F)が大きくなる、つまり為替に対して実質的な手数料が増える事を意味します。

円安時に円転したいと思う人が多い筈なので、ちょっと損です。


逆に円高になるほど、仲値との差(F)が小さくなるので、円貨を使って外貨を送金(購入)するには非常に有利と言えます。


例として【EURからJPY】で、【仲値150.00(FX)】と仮定した場合、送金額100に対する仲値との差(F)は、-4.25。送金額10,000だと、仲値との差(F)が、-0.93になります。

【仲値125.00(FX)】と仮定した場合それぞれ、-3.54と、-0.77でした。



トランスファーワイズ側からすると、彼らの認識する手数料(B)は、為替リスクを負わないので、常に一定です。

預金保険の対象外(銀行では無い)

トランスファーワイズは世界中でサービスを提供していますが、どの国でも銀行免許を保有していません。

銀行では無いので、いわゆる預金保険の対象外です。



使い方にもよりますが、トランスファーワイズ口座には、送金する度に入金する、受取る度に銀行口座へ振替えする等、預金保険対象の銀行口座に資金を入れておいた方が、より安全と言えます。

まとめ

トランスファーワイズを使うにあたり、本記事でお伝えしたかった要点を改めて記載しておきます。

  • 固定費があるので、少額の海外送金は避けるべき
  • SWIFT扱いにならない程度の送金額(100万円以下)が、最も高いコストパフォーマンス
  • 為替手数料は実額だけでなく、手数料率仲値からの差で判断
  • 円安になるほど、仲値との差が拡大。つまり為替に対して実質的な手数料増
  • 競合他社とではなく、トランスファーワイズ自身のコストと比較


トランスファーワイズは極めて透明性が高く、良心的なサイト・App設計、スタートアップ特有?の軽いノリも無く、手堅い運営をしていて、つくづく信頼のおけるフィンテックだと思います。


少額の送金をトランスファーワイズでしたとしても、それでも競合他社より手数料が安い事が多いので、そこまで気にする必要もないのかもしれません。

ただわたしは少しでもお得に使いたいので、極力まとめて送金しています。

競合他社とでは無く、送金額に応じて変わるトランスファーワイズ自身のレート(為替に対する実質手数料)を比較して、お得に使いましょう!



手数料に関して、決して不満がある訳ではないのですが、長年トランスファーワイズを実際に使っていて気付いた事をまとめてみました。

トランスファーワイズは、競合他社対比ほとんどの場合安いし、早いし、何より簡単に海外送金ができるので、まわりでも使っている人が本当に多いのですが、結構少額の送金を頻繁にしていたりするんですよね。


これからトランスファーワイズを使おうか検討中の方や、既に使っている方の参考になれば幸いです。





※本文は以上です。
もし記事を気に入っていただけたら、是非、SNS等でシェアいただけたらと思います!

コメント

テキストのコピーはできません。
タイトルとURLをコピーしました