お金

お金

Revolut(レボリュート)の運用口座でGBP1.35%の金利、預金保険制度対象って本当?!

銀行ではないRevolut経由で、イギリスの預金保険制度(FSCS)対象の金融機関に資金を預けたから、預金保護されるって本当?!
お金

日本より一足先にシンガポールでロンチしたRevolut(レボリュート)、同国でデジタルバンク申請は見送り

日本で事前受付を開始したRevolut、シンガポールでは一足先に2019年10月送金事業者としてサービスを開始。今般シンガポールにおいて、Revolutはデジタルバンクライセンスの申請をしなかったようです。
お金

Revolut(レボリュート)がリトアニアで銀行ライセンスを取得、今までと何が変わるの?

2018年12月に、レボリュートはリトアニアで銀行免許を取得。紆余曲折あり、2020年5月に同国で正式に稼働。イギリス国内外のユーザーにとって、今までと一体何が変わったのか現状整理。実際に数年間、レボリュートを使用中の筆者が解説します。
お金

銀行口座比較:イギリス発Monzo vs ドイツ発N26、意外な盲点。両国に住み、両口座を保有した筆者が解説。

イギリスとドイツに住み、MonzoとN26両口座を持った筆者が、実際に使用してみた感想。N26は通貨「ユーロ」非導入国でも口座開設可能ですが、筆者がおすすめしない理由も書いています。ヨーロッパでの銀行口座開設に関して参考になれば幸いです。
お金

プリペイドカードという概念を壊したRevolut(レボリュート)。実際に数年して感じた、5つのメリット・デメリット

Revolut(レボリュート)を実際に数年使用してみて筆者が感じた、5つのメリット・デメリット。在欧歴5年超、ヨーロッパ各国&アジアで、Revolutを使った事のある筆者が、ユーザーの視点で解説します。
お金

Revolut(レボリュート)は銀行ではない?!在欧歴5年超の筆者が注意喚起

Revolutのヘビーユーザーで、在欧歴5年超の筆者が詳しく解説。銀行じゃなかったら何なのか、これから使おうと思っている人も、既に使っている人も必読です。
お金

日本への一時帰国、日本人でも免税で買い物ができる!

海外在住者の方必見、日本へ一時帰国する際、日本人でも免税で買い物ができるんです!消費税10%を払わずに、パソコン・スマホ・貴金属類など比較的高額商品から、化粧品・衣類など日用消耗品まで、免税を使える人、注意点など、知らなきゃ損な情報です。
スポンサーリンク
テキストのコピーはできません。
タイトルとURLをコピーしました