イギリス企業の末尾にある「LTD」とは、「PLC」との違い

スポンサーリンク

イギリス企業の商号には、一定の規則に基づいて略称が末尾にあります。

略称の中でも、特に見かける事が多い「LTD」と「PLC」について簡単に説明したいと思います。

特にイギリス企業の9割程度が「LTD」の形態をとっており、一度目にしたことがある人も多いかと存じます。

欧州会社規則や、ドイツ・フランス・スペイン・オランダ等の場合についても多少触れています。

「LTD」とは、非公開有限責任会社

イギリスにおける「LTD」とは、日本の「旧有限会社」に相当する企業形態です。

「LTD」の正式名称は、A Private Limited Company

日本語にすると、非公開有限責任会社です。



ドイツでは「GmbH」が、フランスではSociété à responsabilité limitée = 「SARL」が、イギリス「LTD」の類似企業形態として挙げられるかと思います。

「PLC」とは、公開有限責任会社

イギリスにおける「PLC」とは、日本の「株式会社」に相当する企業形態です。

「PLC」の正式名称は、A Public Limited Company

日本語にすると、公開有限責任会社です。

ドイツでは「AG」が、フランスではSociété Anonyme = 「SA」が、イギリス「PLC」の類似企業形態として挙げられるかと思います。


加えてEUにおいては、2004年10月8日施行の欧州会社規則(EU Directive)に基づき設立される欧州会社(European Company) = 「SE」(ラテン語でSocietas Europea)も、イギリス「PLC」の類似企業形態と言えます。

ドイツやフランス、オーストリアなどEUメンバー国それぞれ会社法がありますが、欧州会社 = 「SE」として一度登記すれば、EU全域で欧州会社規則に準じた会社運営が可能です。

「LTD」と「PLC」を比較

イギリスにおける「LTD」と「PLC」を比較します、主なポイントです。

LTDPLC
日本語訳非公開有限責任会社公開有限責任会社
最低資本金0ポンド超12,500ポンド
(額面50,000ポンドの1/4以上)
会社法Companies Act 2006Companies Act 2006
Takecover Code
機関取締役取締役会
会社秘書役
株主総会
株式譲渡制限あり
(要承認)
自由
出資者の責任メンバーは出資額に限定
(有限責任)
株主は出資額に限定
(有限責任)
株式非公開
(上場不可)
公開
(上場・非上場何れも可)

イギリスの株価指数FTSE100の構成銘柄など上場企業は、当然ですが全てPLCか、PLCに類似する企業形態です。

以下の投稿記事に、FTSE100銘柄全ての企業名があるので、末尾の略称に注意してご覧下さい。


企業名の末尾を確認すると株式会社を意味する「PLC」、「AG」がありましたね。


加えて「SA」、「NV」という略称も新たに出てきました。何れも株式会社を意味します。それぞれ国を括弧内に記載します。

  • Coca-cola HBC AG(スイス)
  • International Consolidated Airlines Group SA(スペイン)
  • Just Eat Takeaway NV(オランダ)


コカ・コーラHBCは、スイスを拠点に欧州地域を統括。

International Consolidated Airlines Group(IAG)は、イギリスのブリティッシュ・エアウェイズとスペインのイベリア航空が合併してできたホールディングス会社です。

最後のJust Eat Takeawayは、オランダ発のオンライン・フード・デリバリー。イギリスJust Eatを買収した事で2020年2月に、FTSE100銘柄入り。

企業形態の約93%が「LTD」

英国ビジネス・エネルギー・産業戦略省(Department for Business, Energy and Industrial Strategy = BEIS)によると、プライベートセクターの事業形態は個人事業(sole proprietorships)、パートナーシップ(ordinary partnerships)、企業(companies)の3つに分類され、以下の通り予想値ですが発表されています。

個人事業企業パートナーシップ
事業形態数3.5百万2百万0.4百万
内オーナーのみ
(従業員ゼロ)
3.3百万人0.9百万0.3百万

個人事業は企業の1.5倍という結果です。

企業(companies)は、「LTD」、「PLC」や「LLP」等を指します。


パートナーシップは弁護士、会計士、医師などが設定する場合が多いので、流石に絶対数としては少ないです。

「LLP」やパートナーシップについては後述しています。




本記事で取り上げている「LTD」、「PLC」を含む企業形態に話を戻して、2018年から2019年にかけて登録された数を確認してみます。

ソース元は、英国企業登記局(Companies House)です。

イギリスの企業形態パーセント
Private Limited(LTD)4,040,77992.8
Private Limited by Guarantee
/No Share Capital
108,4832.5
Limited Liability Partnership(LLP)52,4291.2
Limited Partnership(LP)51,7611.2
Private Limited by Guarantee
/No Share Capital
/(Use of Limited Exemption)
41,9231.0
Charitable Incorporated Organisation(CIO)20,8630.5
Overseas Company(OC)12,2360.3
Industrial and Provident Society(IPS)9,5430.2
Public Limited Company(PLC)6,5290.1
Other corporate body types9,0280.2
合計4,353,574100.0

「PLC」は僅か0.1%なので、いかに92.8%の「LTD」が多いか確認できます。


「LTD」の次に多い「LLP」ですが、Limited Liability Partnerships Act 2000により加えられたパートナーシップ形態の一つです。

「LLP」は「LTD」と「Partnership」のハイブリッドで、一見すると「LTD」と共通点が多い一方、運営主体、秘匿性、公開情報、設立要件やコスト、税制面など違いがあります。

まとめ

最後に改めて以下の通り、まとめておきたいと思います。

イギリスLTDPLC
日本有限会社株式会社
ドイツ
オーストリア
スイス
GmbHAG
フランスSARLSA
スペインSLSA
オランダBVNV
欧州会社SE


合併していたり多国籍企業だと、複雑な場合もありますが、企業の末尾にある商号を確認すると、欧州会社の「SE」を除き、ある程度どの国の企業なのか想像がつきます。




「LTD」に関しては、英国企業登記局(Companies House)のサイトで簡単にオンライン申請が可能で、なんと24時間で設立手続きが完了します。コストは12ポンドです。


電子政府・電子国家といったらエストニアが有名ですが、流石にフィンテック大国イギリスです。






※本文は以上です。
もし記事を気に入っていただけたら、是非、SNS等でシェアいただけたらと思います!

記事一覧は、サイトマップから確認できます。

コメント

テキストのコピーはできません。
タイトルとURLをコピーしました