フライト

旅行

ファースト&ラストネーム、世界99%の国でパスポート表記は日本式

ローマ字(英語)表記の紛らわしい「姓名」の順。パスポートに関して世界99%程度の国で、日本同様に「姓-名」の形式が採用されている理由とは。また欧州連合では、実は運転免許証や査証・滞在許可証なども国籍問わず「姓-名」の順となっています。
旅行

パスポート自由度ランキングを超越、英国エリザベス女王は顔パス!

ヘンリー&パートナーズが発表しているパスポートランキング、日本は2020年以降ビザ(査証)無しで海外渡航できる国数が世界一。しかしイギリスのエリザベス女王2世は、なんとパスポート(旅券)無しで出入国手続きを受け、顔パスで海外渡航できます。
旅行

海外欧州で航空会社が倒産、チケットや返金は?

遅延やキャンセル等で使える搭乗者の権利EU261規則ですが、航空会社の倒産は規定外です。その場合、パッケージ旅行であれば旅費が戻ってくる可能性が高いです。パッケージ旅行ではない場合、デビッドカードかクレジットカード払いかで運命が変わる?!
2020.05.06
旅行

EU261規則。フライトが3時間以上遅延したので、航空会社にクレームしてみた。

フライト遅延に遭遇したのでEU261規則通り、自分で航空会社に補償金をクレームした話。出張者など、自信でフライト代金を支払っていなくても、会社ではなくて、あなた個人が補償金を受け取れますよ‼
2020.06.22
旅行

海外でフライトが遅延したら、補償により飛行機代が無料に?!知らないと損する搭乗者の権利EU261とは。

EUにおいて、フライトが遅延・キャンセルしたり、オーバーブッキング等で搭乗できなかった場合、遅延した時間や飛行距離などによって、搭乗者は航空会社より、最大で一人600ユーロの補償金や、場合により飲食や宿泊サービスを受ける権利を有します。
2020.10.15
スポンサーリンク
テキストのコピーはできません。
タイトルとURLをコピーしました